akariba.net

ちょっと”ふところ”が温まりそうなこと、いろいろ。

【hikari no cafe’/蜂巣小珈琲店】小学校を改装した、のんびりできるカフェ

      2017/04/09

 

栃木県大田原市の【hikari no cafe’/蜂巣小珈琲店】にお邪魔してきました。
廃校になった小学校を改装し、白を基調とした内装でモダンなカフェになっています。
光あふれる店内は、女性受けしそうな雰囲気で、どこかノスタルジックで落ち着きます。

店名 hikari no cafe’/蜂巣小珈琲店
住所 栃木県大田原市蜂巣295
電話番号 0287-54-2255
営業時間 AM11:00〜PM5:00
(L.O./PM4:30)
定休日 日曜・月曜
席数 42席
駐車場 かなり広い
公式サイト hikarinocafe.com/hachisu

外観

校門には、大田原市立蜂巣(はちす)小学校の看板が…。
初めて訪れる際には、車だと素通りしてしまいそうです。
左側には、小さく"hikari no cafe'"のプレートがかかっています。

中央の玄関が、入口になっています。
外観は、ノスタルジックで、よく保存されています。
入口に行くと、店員さんが待っていて、開けてくれました。

 

メニュー

14時までLunchで、以降はティータイムになるようです。
Lunchの場合は1,500円+taxで、Cafeとしてみるならで600円ほど。
立地のみを考えると少し高めですが、雰囲気やコンセプト込ならむしろ良心的だと感じます。

Lunchメニューは、4種類から選べました。
選べるものは、各メニューの左にある○が、赤くなっています。

  1. ダブルサンドイッチプレート (A+B)
  2. 肉料理
  3. カリー
  4. ライスボウル (パクチー入り)

"hikari no ブレンド"は、450円。
Single originでは、おかわりだと200円でお得な印象。
ケーキメニューは、450円でした。

試食でいただいたスコーンも、美味しかったです。

 

雰囲気

平日の開店直前に着くと、既に2台ほど車がとまっていました。
ランチを終えて、12時ごろに帰る時には20台ほどに増えていました。
県外ナンバーもちらほら見られましたので、土曜はより増えるのでしょうか…

店員さんは10人弱ほどで、比較的多く、接客も丁寧な印象を受けました。
店内のテーブル席は、北側と南側に別れていて、南側から埋まっているようでした。

 

トイレをつなぐドアには、ガラスが入っていました。
要所々々には、計算された最高でやさしい光が注ぎ込んでいます。
また、カフェのスペースの隣には、無料で入れるギャラリーになっています。

 

Lunch

今回頼んだのは、ダブルサンドイッチプレート。
左(A)→ベーコン&那須御養卵のスクランブルエッグ
右(B)→マルゲリータ(モッツァレラチーズ&バジル)
を選んでいます。

ビーカーサラダは、手前のビーカー(小)のに「ちょんちょん」とつけて食べます。
見た目は良いのですが、手を使わないと食べれませんし、なかなか食べにくいです。
サンドイッチだけでもお腹にたまるので、男女問わず十分な量があると感じました。

ただ、店員さんにお願いすれば、サンドイッチを持ち帰ることもできるようですよ。

 

Coffee & Desert

本日コーヒーは、エチオピアでした。
白いマグカップは厚口で、苦味が少なく美味しかったです。
期間限定の「おとめのパンナコッタ」も、ビーカーに入っていました。

ちなみに、ビーカーはすべてIWAKI製でした。

 

 

場所

那須高原の田畑に佇んでおり、車でないと厳しそうです。
5kmほどの距離には、医療系の大学があり、西那須野駅からバスがあります。
電車・バスで向かうのには、かなり遠いですが、訪れる価値はあるかと思います。

ドライブであれば、のどかな田園風景が広がっていますし、とてもおすすめですよ!

 - Cafes , , ,

Top